心が重いならうつ病の自己診断シートを使おう【メリットとは】

早期に治療を開始しよう

看護師

見守る姿勢が大切

うつ病は気分の落ち込みが激しかったり、何も手がつかない状態が続いたりと様々な症状が心や体に現れてきます。そんなうつ病を発症してしまうと、なかなか自然に治ることが難しく、長期間症状に苦しく人も多くなっているでしょう。そんな症状が出た場合は精神科や心療内科で適切な治療を受けることが大切です。精神科や心療内科では心の治療もしっかり行ってくれ、問診や診断基準を用いてうつ病であるかどうかを診断してくれます。診断の結果発症していることが分かれば、抗うつ剤の服用や精神療法など用いて、心と体を徐々に改善することが出来る様に治療がスタートします。この病気を出来るだけ早く治す為には、きちんと精神科や心療内科で専門的な治療を受けることが大切です。病院では薬物治療だけではなく、精神的な治療も積極的に取り入れています。精神療法では、人間関係の問題など心の負担になっている原因は何なのかなど一緒に考えていき、それを改善する為にはどの様にすれば良いのかを考えてくれるでしょう。また、特有のネガティブな思考をプラスの考えに持って行く為にはどうすれば良いのかなどしっかり心に働きかけ、考え方の改善なども行ってくれます。病院に行くタイミングとしては気になる症状が2週間程度続いた場合に行く必要があるでしょう。しかし強く症状が出ている場合、家から出ることさえ嫌がる患者さんもいます。そんな時は温かく見守ることが大切です。無理に自分の意見を押し付けたりすることは症状を悪化させてしまうばかりなので、行ってみようかなという気持ちになるまで待ってあげることも大切です。うつ病は時に怠けていると勘違いされてしまう場合もあります。見た目には何も変わりませんが、仕事や勉強をやらなくなり、本人を前から知っている人にとったら怠けている様に見えてしまうかもしれません。その様な症状が出た時に、周りの人も変化に気付いてあげることが大切です。本人でさえも病気を発症していることに気付かない場合もあります。また、病気であることを認めずに強情な態度を取る患者さんもいるかもしれません。しかし、その様な態度を取ったとしても周りは全て受け入れてあげることが大切です。うつ病は実は現在でもその根本的な原因が何なのか分かっていない病気です。ただし、脳が機能障害を起こしている状態であるということは分かっているので、それを改善する為の治療を行う必要があるでしょう。これまで普通に生活していた人が急にうつ病と診断されればやはり本人でさえもびっくりしてしまうかもしれません。しかし、そう診断されたとしても、決して治らない病気ではないのできちんと適切な治療を受けることが大切です。現在多くの人がストレスを抱え生活をしています。そんなストレスも発症してしまう要因となってしまう場合もあるでしょう。その為、普段から出来るだけストレスが掛らない様な生活をすることが大切です。しかし、発症してしまったとしてもきちんとドクターの指示を守り適切な薬の服用や通院をしっかり守ることで徐々に症状も改善されていくでしょう。抗うつ剤は最初は副作用を見る為、少量処方され徐々に増やされます。その為、最初はあまり効果がないと感じるかもしれませんが、きちんと飲むことが大切です。ぜひ勝手な判断をしないで、ドクターの指示を守りましょう。

Back to Top