心が重いならうつ病の自己診断シートを使おう【メリットとは】

どんな病院を選ぶべきか

ドクター

病院選びのポイント

現在はストレスの多い時代と言われており、そのストレスが原因で身体の不調を訴える人が増えています。その身体の不調がうつ病の場合もあり、早めに病院で診断してもらうことが必要です。うつ病ではないかと考える時の病院といえば精神科か心療内科になります。ただし精神科や心療内科の病院は多くありまずは、どの病院に行くかを選ぶ必要があります。病院選びで大切なのは、信頼出来る病院を選ぶことです。もしうつ病と診断されれば、長い期間その病院に通うことになるのでどの病院を選ぶかが重要になります。治療に特別な医療器具が必要だったり外科的な治療が必要だったりするような病気ではないので、医師との信頼関係が治療に対して大きな役割になります。病院によっては次の予約が取りづらい病院もあり、そのような病院を選んでしまうと急に症状が変化した時にすぐに診察をしてもらえない場合があります。そのため、病院を選ぶ時には予約が取りやすい病院を選ぶことが大切です。また医師が患者の話をしっかりと聞いてくれない病院では、医師との信頼関係を築くことが出来ません。評判の病院に行っても、医師が話を聞いてくれなければ信頼関係が築けないので、その病院は変わった方がいいです。医師との信頼関係が築けてこそ、病気の治療に効果が出て来ます。自分の悩みをしっかりと聞いてくれ、薬などの説明もしっかりと行ってくれる医師のいる病院を選ぶことが大切になります。そのため、病院の大きさではなく信頼出来る医師のいる病院を選ぶことが大切です。またあまり遠い病院だと通うのが大変になるので、出来れば通いやすい病院を選ぶことです。うつ病と診断されれば、風邪などと違い完治するまで長い時間が必要になる場合があります。個人差がありどのくらいの治療期間が必要かは、一概に言えませんが中には長期間の治療が必要になり経済的な負担になるケースもあります。うつ病と診断されれば、健康保険が適用されて負担は3割負担になりますがそれでも長期間になると治療費が家計に打撃になる場合もあります。また治療方法や薬を処方されるかによって治療に掛る費用は変わって来ますが短期間で完治するのは難しいかもしれません。なかには、うつ病が原因で仕事を休職しなければならないと言う人もいるはずです。そうなると、治療費を払うのが大変で治療を中断しなければいけないと悩んでしまう人もいるかもしれません。しかし、継続して治療が受けることが出来る制度が日本にはあり、担当の医師に書類を書いてもらう必要はありますが書類を役所に提出して審査を通過すれば、自立支援医療制度という制度が利用出来ます。この自立支援医療費制度を利用すれば保険診療の負担金額を3割負担から1割負担に引き下げることが出来ます。ただしこの制度は、収入が高い人は通らない場合があります。金銭的な面で治療が続けられないと悩んでいる人は、自立支援制度を利用して治療を継続することが出来ます。また仕事によるストレスが原因でうつを発症した場合には、労災が認められる場合もあり労災認定を受けることが出来れば治療費の自己負担がなくなります。もし、自分が労災になるのではという場合には、申請してみた方がいいです。

Back to Top