心が重いならうつ病の自己診断シートを使おう【メリットとは】

早期に治療を開始しよう

看護師

うつ病の診断は精神科や心療内科で行ってくれます。抗うつ剤の服用や精神療法など用いて、心と体の両方の改善を図ってくれるでしょう。勝手な判断で通院を止めるのではなく、完治するまできちんと通院することをおすすめします。

Read More

心と体の健康のために

医者

時間をかけて完治を目指す

ストレス社会と言われている現代、うつ病を発症してしまう人は増えてきています。様々なストレスが原因で発症するこの病気は、病気であると気づきにくいという特徴があり、れっきとした心の病気であると、自分で診断するのは実はとても難しいのです。うつ病になりやすい人は、責任感が強く、真面目であるとう場合が多く、そのようなタイプの人は、体や心の不調を甘えとして、きちんと向き合わないということが多いからです。倦怠感や、だるさなど風邪に似た症状が出ていても、周りに迷惑がかけられない、と無理をして家事や仕事を行ってしまうのです。そうすると、日々の忙しさにその症状が紛れてしまい、徐々に病状が悪化してしまう、ということも考えられます。そして気づいたときには、入院しなくてはならないほどうつ病が進行していたというケースも少なくありません。そのため、自己診断を簡単に出来るツールを使ってみましょう。インターネットで、うつ病の簡単診断を行うことが出来ます。質問事項に、はい、いいえで答えることで、総合的に簡易判断を行うことが出来ます。その診断の結果にて、うつ病である可能性が高くでた場合には、病院の心療内科や精神科をすぐに受診しましょう。早期治療が、完治にとってとても重要なことです。症状が重症化してしまうと、心のケアはどんどん難しくなり、完治するのに何年もかかってしまうようになります。自分の心と体を大切にするためにも、体や心の不調を感じた場合は自己診断ツールなど利用して、気に掛けるようにしましょう。心療内科や精神科などの専門医師は、様々な質問やカウンセリングによって、うつ病であると診断をします。外的な傷や目に見えた症状がないことから、内診による診察は難しいため、対話による診察が基本となります。うつ病と診断されたら、すぐに治療を開始していきます。治療開始が早ければ早いほど治る見込みも多く、完治も早いという特徴があります。そして治療は、投薬とカウンセリングを基本として行っていきます。精神安定剤などの薬を飲みながら医師と対話し、徐々に心の整理をつけていきます。このとき、大切なのは焦らないということです。うつ病の治療に時間がかかるのは、一般的なことです。なかなか治らないからといって自分を責めたり、医師に申し訳ないという理由で治ったふりなどをしたりする患者もいますが、そのような行為はNGです。焦らず、ゆっくり時間をかけることで、完治を目指すにあたってとても重要なことなのです。そしてこれは、患者の家族にも言えることです。なかなか回復の兆しを見せないからといって、過度に励ましたりする行為はNGです。いつも通り接し、長い目で見てあげることが、患者にとって何よりも心の支えとなります。うつ病患者が増えている現代、患者への接し方について知識がある人も増えてきており、患者に特化したサポートセンターやサービスも充実している世の中になってきました。病気だからと言って後ろめたくおもわずに、会社の休職や子育て、家事をいったんやめることなど、周りに甘えるということも時に大切です。自分を守るために、病気としっかり向き合いましょう。

病院選びで大切なこと

ハート

うつ病と診断された場合、一般的には通院しながらの投薬治療が行われます。治療には長い時間を要する場合が多くありますので、通院しやすい場所にある病院を選択することが大切です。そして、患者の話をよく聴いてくれる医師を主治医にすることが重要です。

Read More

どんな病院を選ぶべきか

ドクター

現在はストレスが多い時代で、そのストレスが原因で身体に不調が生じてうつ病と診断される人も少なくありません。うつの症状が出たら信頼出来る医師の病院を選び治療に通うことが大切です。また長期間の治療が必要になります。

Read More

Back to Top